東洋医学

梅雨も楽しくね

もうすぐ迫り来る梅雨。
それを予感させるかのように急にジメッと蒸し暑くなってきました。
蒸し暑い日は、なんだか身体が重だるくて気持ちもシャキッとしない。
そんな事ありませんか?

身体が整えば心も整う。
今日はジメジメ梅雨を少しでも気持ちよく過ごすためのヒントを散りばめてみようと思います。 

 

季節と私たちの身体

東洋医学では『自然界で起こる事は身体の中でも起こる』という天人合一という考え方があります。
自然界で季節があるように身体の中にも季節があるのです。

では、湿気が多い梅雨時の私たちの身体は?

そう。
私たちの身体の中にも湿気がたまりやすくなるということ。

湿気が適度なバランスであることはいい事。
ですが、これが身体にとって良くない方向に働く原因になると、それは『湿邪』になります。
湿気の邪気です。

 

湿邪で起こる不調は?

湿邪の特徴は、重い、下の方、ベトベト、濁り。
何となくどよーんとよどむイメージ。

具体的には
◯頭や肩が重だるい
◯むくみ
◯めまい
◯耳鳴り
◯静脈瘤
◯おりものが多くなる
◯残尿感や排尿痛
◯口の中がネバネバする
◯舌の苔がべっとり増えてくる など

こんな時は、身体の中に湿が溜まってるサイン。かも。

また、東洋医学では『脾胃(消化機能)は燥を好み湿を嫌う』と言われています。
湿が溜まり過ぎると、消化機能の不調も起こりやすくなるという事。

消化機能の不調→栄養が十分に吸収できない→疲れやすい
そんなイメージ。

具体的には
◯食欲不振
◯下痢や軟便
◯疲れやすい
◯だるい
◯冷え      など

 

じゃあどうすれば?

汗はかくけど、乾きにくく熱がこもりやすいこの時期。
ポイントは、ちゃんと汗をかいてちゃんと水分をとって身体の熱とともに水分をしっかり巡らせる事。
“ちゃんと”巡らせ上手になるということです。

まずは、適度な運動やお風呂にしっかり入って自分からちゃんと汗をかく。
ジメジメでだらっとしたくなる時期ですが、この時期はストレッチをするだけでも汗をかけますよ。

そして水分をとる。
この時の水分を、ハトムギ茶やとうもろこしのヒゲ(南蛮毛)茶にするのもオススメ。
これらは身体の中の湿を取り除くだけでなく、味も淡白でクセがないので飲みやすいのです。
ちなみに我が家はこの時期ハトムギ茶ばかり飲んでます。

他には、枝豆、そら豆、とうもろこし、小豆、きゅうり、ゴーヤなんかも水分の巡りをよくしてくれます。
そして、紫蘇、ミョウガ、しょうが、にんにく。
これらは胃に働いてスッキリさせてくれます。
殺菌作用もあるので食中毒の予防にもいいですね。

 

いろいろ書いてみましたが

私自身、あれダメこれダメではなくて、アレがあるねコレがあるねと思って過ごしたいタイプです。
なので、例えば今日はシャワーだけで済ませちゃったからビール飲んでるからダメだ。
ではなくて、少し時間があるから身体伸ばしてみよう。とか、たまたまスーパーで紫蘇が目に止まったから今日は豆腐の上に乗せてみよう。とか。

普段の生活の『あるね』の一つとして、これらのヒントを楽しく使っていただけたらいいなーなんて思います。

なんか重だるいな。
そんな時、いつものお茶にハトムギをちょっと混ぜてみるもよし。
薬味盛り盛りにしてお蕎麦を食べてみるもよし。
知っているからこそ、ちょっとした事でも気にとめてやってみた事が、身体にいい事をした気分になりませんか?

その積み重ねだと思うのです。
身体の声を聞いてちょっと身体にいい事をしてみる。
すると、気持ちが上がる。身体が元気になる。
これって自分を大切にする事にも繋がると思うのです。

身体が整えば心も整う。
心が整えば身体も整う。

 気持ちがウキウキするような傘を買ってみる。
こんな事もいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です