東洋医学

どこを見るか見たいか

東洋医学ってとても哲学的だなーと思うのです。
哲学と言うと難しいイメージがあるかもしれませんが、毎日を快適に過ごすためのヒントというか。
そんなのが散りばめられている気がします。

今日は好きが溢れるヒント。
そんなお話をしてみようかと思います。

 

陰と陽ってご存知ですか?

太陽があって月があって。
昼があって夜があって。
表があって裏があって。
男がいて女がいて。

世の中のあらゆるものを対立して2つのグループ(陰グループと陽グループ)に分けるという考え方。
どちらがいいとかどちらか正しいとかそういう事はなくて。
発散、動的イメージの方が陽。
吸収、静的イメージの方が陰。
そんな感じ。

 

ここでの大切なポイント

それはどこまでも陰と陽はセットであるんだよという事。

どういう事かと言うと…

例えば、夜からすると昼は陽。
だけれど、昼の部分だけを見てみると陽ばかりになるかと言ったらそうではないという事。
昼だけを見てみると…例えば夏の昼は陽で冬の昼は陰。
そして、また夏の昼だけを見てみると…夏至の日の昼は陽で立夏の日の昼は陰。
こんな感じ。

このように、陰と陽はどこまでも陰と陽に分けられる。
このことを陰陽可分と言います。

 

天人合一

これは東洋医学の考え方の一つで『自然界で起こることは人にも起こる』というもの。
自然界に陰と陽があるということは、私たちの身体の中や身の回りに起きる事にも陰と陽があるという事。
どちらがいいとかどちらが正しいとかはなくて。
ただただ、陰と陽がセットであるのです。

 

日常に置き換えてみると

どんな小さな物事の中にも対立するものがセットで存在する。
そんな世の中。

じゃあ、例えばその1つの物事があるとして。
そんな中で陰の部分を見るか陽の部分を見るか。
どこにスポットライトを当ててみるか。

そもそもスポットライトを当てるのは誰?って。
それは私たち一人一人。
そう、そこは私たち一人一人の自由なのです。

そう思うと、どこを見るか何を見たいか。
私自身がそれぞれ決めればいいわけで。
どこを見るかでどんな事も楽しいなーと思えたり好きだなーって思えたり。
そんな世界を誰でも作れるという事。

 

その積み重ねだと思うのです

1つの物事に陰と陽はある。
これはどうしようもない事。

真っ暗に見える事の中にも光はあるし、楽しいばかりの事だと思っていたらアレー!?みたいな事もあるし。

でもせっかくなら楽しいや好きやいいなが増える毎日がいいななんて思いませんか?
だって絶対にどんな小さな物事にも暗く見える物事にもそんな部分は隠れているのだから。

どこにスポットライトを当てるかどこを見たいか。
それは自由。
楽しいな、いいな、好きだなって思える事探しを一つ一つ積み重ねていくと、そんな世界ばかりが広がる毎日になる気がしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です