東洋医学

季節を味方に

何か新しい事をしたい。
生活に変化が欲しい。
自分を変えたい。

そんな事を思う時ってありませんか?

でもなかなかはじめの一歩が踏み出せなかったり、勇気が出なかったり。

そんな時は東洋思想の力を借りてみるのもいいかもしれません。

 

五行とは

陰陽五行思想という言葉を聞いたことがありますか?


東洋医学では、世の中を陰と陽の2つだけでなく、5つの要素にも分類します。
木の要素、火の要素、土の要素、金の要素、水の要素。
あらゆるものをこの5つの要素にグループ分けして考えています。

例えば、季節。
春、夏、秋、冬、土用。
例えば、味。
酸味、苦味、甘味、辛味、塩辛い味。

他にも、色や方角、臭いなどなどたくさんのものを5つのグループに分けています。
(もっともっと知りたい方は五行色体表って検索してみてね)

その中に五志というのもあります。
志とは感情の事。
感情も5つのグループに分けています。
怒り、喜び(笑い)、思い、悲しみ(憂い)、恐れ(驚き)

 

夏の季節は

夏は1年の中でも1番陽気が活発になる季節。
陽気とは、太陽のような動的でエネルギッシュなイメージ。

そんな夏のグループに分類されているものは、五臓では心、五候では熱、五方では南、五味では苦味、五色では赤色、五志では喜び(笑い)などなど。
こんなのが同じグループにいます。

 

これらから見えること

陽気に満ち溢れて、喜びや笑いが担当している夏の季節。
この季節は、何かやりたい!何か楽しそう!何か面白そう!ワクワク〜!
そんな事を思い切りやるのがいい季節だという事。

いろいろ考えるより、楽しいと思える事に向かってまず動いてみる。
頭より身体を動かす時期。
行動してみるといい時期。
それが自然に合っているという事なのです。 

 

自分を変えたいなら

時間配分を変える、付き合う人を変える、住む場所を変える。
そんな事を聞いたことがあります。

それは言い換えると、いくら一生懸命考えても考えただけでは変わらないよという事なんだなって思います。

忙しいから。
子供が小さいから。
お金がないから。
行動しにくい理由はたくさんあるかもしれません。

でもきっと同じくらいできる理由はあるんじゃないかなって思います。
健康な身体がある。
家族がいる。
仲間がいる。
帰る場所がある。

何よりなんだかワクワクする。

 

季節を味方に

はじめの一歩を踏むのって1番大変かもしれません。
でも今はそのはじめの一歩を踏むのにはいい季節なのかもしれません。

陽の気と喜び、笑いに満ちた季節。

そんなのこじつけ?

こじつけって思えば、やらない理由に。
そうなんだって思えば、できる理由に。

夏の季節が私たちを応援してくれてる。
私はそう思います。

今まで考えるだけで終わってしまっていた事。
いまいち勇気が出なくて諦めてた事。
やらない理由を並べてやめてた事。
ずーっとモヤモヤ迷っていた事。

でも…という想いは今は横に置いておいて、今がチャンスと思ってエイッとやってみる。
そんな風に季節を味方につけて季節を楽しんで自分を楽しむ。

赤いものを身につけてみるのもいいかもしれませんよ。

私もやるぞっ!
きっと大丈夫☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です