ハーブ, その他

私のお客様

月曜日はにわっち塾第4講でした。

今回のテーマは『私のお客様』

まずは私が考える事業

それは“薬剤師・鍼灸師が提案するセルフケア事業”です。

病気とかではないけど、なんとなく不調。
例えば、なかなか寝付けないとか肩が凝りやすいとかお腹が弱いとか。

女性ならだいたいの方が経験してるであろう生理前のイライラや意味不明な不安定感、生理中のお腹や腰の痛みとか違和感、むくみとか吹出物とか。

つわり、お腹の張り、動機、寝不足からの疲れ、子育てへの不安感、体型が変わってしまったなどなど産前産後のいろんな不調とか。

そんな不調に対して、毎日少しだけ気にかけてあげて今より少し明るい心と元気な身体に。
その積み重ねが、それぞれの“なりたい自分”を叶える身体作り心作りに繋がると思っています。

要するに、自分メンテナンスです。
実際に身体が整う事をするわけだから整う。
そして自分メンテナンスしてる時間って、私自分にいいことしてるわーってなんか優雅な気分になりませんか?
そんな気分もそんな時間も大事だと思ってます。

そんなこと、もの、時間を提供する事業が私が考える事業です。
(まだ始めたばかりですが、今はharuyuiという名前でハーブティーの製造販売をしています)

私のお客様

・20代〜40代の女性
・女性のキレイや元気を応援するサロン様やショップ様や企業様

今回は、女性のキレイや元気を応援するサロン様、ショップ様、企業様について考えてみました。

以前、てっぺんの大嶋さんからこんな話をされました。

『めっちゃ有名人でも大企業でも誰とでも組めるとしたら、りえちゃんは誰と組みたい?
考え方は、この人と組んだら私が儲かるとか認知度が上がるとかすごくなれるとかじゃないよ。
この人が私の商品を買ったら扱ったら、もっとその人やその会社にこんないい事が起きるのになー!もったいないなー!って思う相手。そういう感じで考えてみて。』と。

毎度の事ながら上手い言葉は言えないのですが、ほほぉー。ってなりました。

その話を聞いてから、事あるごとに意識するようになって、まず最初に思ったのはエステサロンでした。

エステサロンは、痩せたいとか綺麗になりたいという女性が施術を受ける場。
手技やお化粧品やエステ機器を通して、お客様のなりたいを叶える場だと思います。
エステサロンという空間もエステを受けている時間も優雅で癒しで非日常。
そんなイメージがあります。

そんなエステサロン様へharuyuiハーブティーはどうかな?と思ったわけです。

ハーブティーはあくまで食品なので、効果効能を書くことはできませんが、シミやくすみを抑える成分が含まれているハーブや温め効果が高くて代謝を上げるのを手伝ってくれるようなハーブ、デトックス効果が期待できるハーブもあります。

ちょっと余談ですが、ハーブは日本で言うと生薬です。
生薬を混ぜ合わせたものが漢方薬です。

ほらほら。植物の力ってあるんです。
漢方薬局で働いていた頃にそれはもうほんっと感じました。(それはまたの機会に)

話は戻って、エステサロン様へ。
そのサロン様が目指す、お客様がこうなったらいいなと言うお話や想いをお伺いして、私がサロン様オリジナルのハーブティーを開発製造させていただく。
そしてサロン様がお客様へ販売をする。

サロン様へのメリット】
・物販で利益を上げることに繋がる
・お客様へ内側からのアプローチも提案できる
・薬剤師監修なのでより信頼性にも繋がる

【サロン様のお客様へのメリット】
・内側からも自身の“なりたい”に近づく事ができる
・家でも手軽にプチ優雅な癒しの時間を楽しめる
・信用して通っているサロン×薬剤師なので安心感がある

実際haruyuiハーブティーを購入してくれた方によく言われる事があります。
それは『ちゃんとしてる!』

思わず笑ってしまうのだけど、たぶん案外ちゃんとしてるんだと思います、私。笑
というか、私を信頼して購入してくださる方を思うとちゃんとしてたいって思います。
当たり前の事だけど。

大手さんには敵わない事もある。
けど、私だからできる事もある。

“ちゃんと”が私の強みの1つかもしれないなって最近思います。

もっともっと自分分析もして相手分析もして、私のことやharuyuiハーブティーのことやその先のメリットとかしっかり伝えられるようにしていって、サロン様が取り扱いたいなと思ってもらえるように頑張ろうってブログ書いてて改めて思いました。
頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です